新しいauひかり乗りかえスタートサポートで解約金回避+キャッシュバック!?

新しいauひかり乗りかえスタートサポートで解約金回避+キャッシュバック!?

「auひかり乗りかえスタートサポート」と言えば、auひかりが提供する解約金還元キャンペーンです。

引っ越しや乗り換えでどうしても今契約しているインターネット回線の解約金を払わなければならない場合、「auひかり乗りかえスタートサポート」であれば最大30,000円の解約金が還元されます。またそれだけではなく、キャッシュバックももらえます。

今回はそんなauひかり乗りかえスタートサポートの紹介をしていきたいと思います。

また、auひかり乗りかえスタートサポートだけでなく、auひかり自体の解説も含め、auひかり乗りかえスタートサポートと一緒に適用できるお得なキャンペーンなどもしっかり紹介していきます。

※表示価格は税込みです。

光回線の解約には解約金がかかる

光回線は月額料金を払って利用するものですが、継続的に利用することで利用者もお得に使うことができます。

実は、光回線事業者側にとっても、継続的に使ってもらわないと儲からないというのもおそらく事実です。長く使ってくれれば使ってくれるほど、事業者の方には月額料金が毎月入るわけですから、それだけ儲かるというわけです。

しかし、数ヶ月で解約されたりしてしまうと、そんなに儲かりません。特にいっぱい割引している場合はなおさら儲かりません。というわけで、光回線は「一定期間使う約束」をして契約し、期間内に解約してしまうと「解約金」が請求されることになっています。

契約期間・解約金・更新月のシステム

まずは、契約期間や解約金・更新月のシステムを見ていきましょう。

普通、光回線には「契約期間」「解約金」「更新月」の3つがあります。

例としてこのような光回線があったとします。

・契約期間:2年自動更新
・解約金:10,450円
・更新月:24~26ヶ月目

ここで前提として理解すべきなのは、この4点です。

1.「契約期間2年」というのは、「2年間使い続ける約束をした」ということで、
2.この約束を破って解約すると、「解約金10,450円」が発生する
3.「自動更新」なので、2年経っても解約しないとまた2年契約が更新される
4.解約金なしで解約するには、更新月の24~26ヶ月目に解約する

この4つを抑えておけば、契約期間、解約金、更新月のシステムを理解したことになります。

「自動更新」についてもう少し見ておきましょう。

通常の理解として、2年経つと「契約期間が終わったのでいつでも解約できる」と思うのですが、自動更新の場合はそうではありません。「2年経って更新月に解約しないと、また次の2年間の契約が更新される」というのが「自動更新」のシステムです。

つまり、計算上次の更新月は48~50ヶ月目になるということです。

解約金を回避する方法!

解約金は、光回線によって10,450円~22,000円など違いますが、月額料金2、3回分というのが相場です。

この解約金を回避する方法は主に2つあります。

1.更新月に解約する
2.解約金還元キャンペーンを適用する

まず、「更新月に解約」することで解約金を回避できます。

ただし、この方法のデメリットは、契約期間に依存するため「2年・3年に一度」しかチャンスがやってこないことです。2年に一度のチャンスを手にするのもなかなか難しいです。引っ越しがあったり、もっと良い光回線に契約したいときには数ヶ月待つのもつらいです。

2つ目の選択肢である「解約金還元キャンペーン」は時期を選ばないので、いつでも適用できます。これは、特定の光回線がやっているキャンペーンで、「他社で発生した解約金分のお金を、うちに乗り換えてくれれば還元しますよ」という内容です。

「auひかり乗りかえスタートサポート」で解約金が回避できる

そんな「解約金還元キャンペーン」ですが、実はそんなに多くの光回線で行われているわけではありません。そのため、この方法のデメリットは「選べる光回線が限られている」という点です。

しかし、そんな解約金還元キャンペーンが使える光回線の中でも、「auひかり」はかなり質の良い光回線なのでおすすめです。auひかりは「auひかり乗りかえスタートサポート」というキャンペーンを行っています。これは、他社で発生した解約金を還元してくれるキャンペーンです。

auひかり乗りかえスタートサポートをまとめると、他社光回線からauひかりに乗り換えると、「他社光回線の解約金分」をauが後から還元してくれるといった内容です。もちろん細かく見ていくと色々と規定があったりしますが、基本的にはこの内容です。

このauひかり乗りかえスタートサポートですが、auひかりの正規代理店である「株式会社NEXT」からの申し込みでも適用可能です。さらに、NEXT限定のキャッシュバックキャンペーンも受けられますので、よりお得に申し込めます。

auひかり乗りかえスタートサポート

auひかり NEXT※画像はauひかり公式サイトより引用

ここからは、auひかりの「auひかり乗りかえスタートサポート」を詳しく見ていきましょう。

auひかり乗りかえスタートサポートの条件:ひかり電話

まず、auひかり乗りかえスタートサポートの条件を見ておきましょう。

条件を大きく分けて3つあります。

戸建てタイプマンションタイプ
プラン・オプション・ずっとギガ得プラン
・auひかり電話
・お得プランA
・auひかり電話
継続利用36ヶ月利用24ヶ月利用
申し込みauひかりの申し込み月を含めて12ヶ月以内に「スタートサポート共通申請書」をKDDIに送付

戸建てタイプの場合は、auひかりを3年契約の「ずっとギガ得プラン」で申し込むことと、「auひかり電話」の契約が必要です。マンションタイプの場合、2年契約のお得プランAで申し込みをし、「auひかり電話」を契約すれば大丈夫です。

なお、2021年5月末までは、戸建てタイプは「電話オプションパックEX(月額759円)」、マンションタイプは「電話オプションパック(月額550円)」も条件でしたが、現在はその条件がなくなっているため、より利用しやすくなりました。

auひかり電話とは?

auひかり電話の料金はこのようになっています。

・auひかり電話:月額550円+通話料

サービスに関しては普通の固定電話で、光回線を応用したリーズナブルなものです。

月額料金だけでなく、通話料もNTT加入電話(一般電話)に比べて安いため、固定電話を利用する機会が多い方にはかなりおおすすめのサービスです。

ひかり電話についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

電話オプションパック(EX)とは?

電話オプションパックEX※auひかり公式サイトより引用

以前はキャンペーンの条件になっていた「電話オプションパック」について簡単に解説します。

電話オプションパックは、割込通話や番号通知リクエストなどのオプションがパックになったサービスです。

電話オプションパックには2種類あり、戸建てタイプは「電話オプションパックEX(月額759円)」、マンションタイプは「電話オプションパック(月額550円)」と分かれます。

「電話オプションパックEX」には以下の機能がつきます。

・割込通話
・発信番号表示
・番号通知リクエスト
・割込番号表示
・着信転送
・迷惑電話 発着信ブロック

割込通話とか着信転送とかはあまり使わないかもしれませんが、発信番号表示とかは便利ですよね。今時は携帯なら相手の番号をすべて見ることができるので、固定電話もそうできれば便利です。なお、着信転送を申し込む際は本人確認が義務化になっています。

マンションの場合は電話オプションパック

マンションの場合はホームと違って「電話オプションパック」というものになり、EXがつかないバージョンです。

こちらは、EXよりちょっと内容が減って金額も下がっています。

電話オプションパック※KDDI公式サイトから

EXから「迷惑電話 発着信ブロック」を抜いたものがオプションパックになります。

36ヶ月/24ヶ月利用を破ると…?

条件の一つにホームなら36ヶ月利用、マンションなら24ヶ月利用と書かれていましたが、仮に途中で解約したりするとどうなるのでしょうか?

実は、auひかり乗りかえスタートサポートにも契約期間と解約金のようなものがあります。しかし、自動更新ではないので、一度36ヶ月または24ヶ月使ってしまえばそれ以降、解除料が発生することはありません。

解除料約束期間
戸建タイプ11,000円36ヶ月
マンションタイプ7,700円24ヶ月

36ヶ月または24ヶ月経つ前に解約すると、戸建てタイプが11,000円、マンションタイプが7,700円の「解除料」が発生します。

ただ、auひかり乗りかえスタートサポートで還元されたお金自体が回収されるわけではないので、もし戸建てタイプで22,000円の還元が出た場合は11,000円分をもらうことができます。

とはいえ、11,000円以上は月額料金の割引で還元されるので、現金でもらえるわけではありません。ちなみにこの「解除料」も回避することができます

回避できる方法は2パターンあります。

・auひかり乗りかえスタートサポート適用時に、auスマートバリューまたは自宅セット割に加入済みだった場合
・他社解約金が10,000円以下だった場合

この2つのパターンどちらかに当てはまれば、解除料を払う必要がありません。

auスマートバリューや自宅セット割については後で詳しく見ていきますが、auスマートバリューはauスマホとのセット割、自宅セット割はUQモバイルとのセット割を指します。

auと提携している事業者からの乗り換えは対象外

また、auの身内やauが業務提携している光回線からの乗り換えの場合はこのキャンペーンの対象外となります。

対象外となるのは以下のインターネット回線です。

auひかり乗りかえスタートサポート 対象外のインターネット回線
光コラボビッグローブ光、@nifty光、@TCOMヒカリ、So-net光、エディオンネット(基本パック、IoTパック)、ひかりJ、ひかりゆいまーる
地域電力系回線コミュファ光、eo光、メガ・エッグ、ピカラ光、BBIQ
その他auひかり ちゅら、ケーブルテレビ事業者提供サービス等

大きく分けて、光コラボ、地方回線系、auひかりの身内+ケーブルテレビ系、と区別できます。結構多いので注意しましょう。

おトク① 解約金還元

それでは、auひかり乗りかえスタートサポートの内容に入っていきましょう。

まず1つ目の特典内容は「解約金還元」です。もちろんこれがメインになります。

この中身として、以下の3つに分けることができます。

・還元上限額
・還元対象となるもの
・還元方法

還元額の上限

還元額の上限は30,000円です。

・上限額:30,000円

30,000円以上を超えるとそれ以上は還元してくれません。とはいえ、やはり解約金で30,000円以上いくことはないので大丈夫だと思います。

還元対象

もちろん「他社解約金」がauひかり乗りかえスタートサポートの対象なのですが、もっと大雑把に言えば「解約のときに請求されたもの」が対象になります。

とはいえ還元されないものもあるので要注意です。

還元されるもの還元されないもの
・解約金
・工事費残債
・撤去工事費
・非対象光回線の解約金等
・解約月の月額料金

解約金のほかにも工事費残額の一括請求や、撤去工事費が請求された場合に、それも対象となります。

しかし、すでに見てきたように対象外の光回線の場合はそもそもだめですし、月額料金の残りなども対象外になります。

例えば2月5日に他社光回線を解約したのに、2月の月額料金が全額請求されたとします。この場合、使っていない分の2月6日~2月28日までの月額料金分を還元してもらうことはできません。

還元方法

最後に還元方法を見ておきましょう。還元方法はホームとマンションで異なります。

10,000円までの分10,000円以上の分
戸建てタイプau PAY 残高へキャッシュバック
マンションタイプau PAY 残高へキャッシュバック月額料金から割引(1,000円×最大20ヶ月)

戸建てタイプの場合は、0~30,000円まですべて「au PAY 残高へキャッシュバック」です。

ちなみに還元額は最大30,000円なので、「16,500円の解約金」の場合は「16,500円」のみ還元されますし、仮に「49,500円の解約金」だった場合は上限の「30,000円」まで還元されます。

マンションタイプの場合は、10,000円分までは「au PAY 残高へキャッシュバック」で戸建てタイプと同じですが、それ以上の分は「月額料金から割引」となります。

マンションの例

マンションが分かりにくいので例を取って見ていきたいと思います。解約金が16,500円だった場合を考えてみましょう。

その場合は以下のようになります。

■解約金:16,500円
・au PAY 残高へキャッシュバックの分:10,000円
・月額料金から割引:6ヶ月間は月額料金4,180円-1,000円=3,180円、7ヶ月目は月額料金4,180円-500円=3,680円

こんな感じになります。

確かに、できれば現金や実際に買い物に使える方が汎用性があって便利ですが、月額料金の割引というのも悪くないですね。

おトク② auスマートバリューまたは自宅セット割に加入で最大10,000円還元

auひかり乗りかえスタートサポートの内容①とは別に、条件も内容も異なる「auひかり乗りかえスタートサポートの内容②」があります。

これは、auスマートバリューまたは自宅セット割に申し込むことで、1回線につき最大10,000円還元される特典です。光回線の乗り換えと一緒に、「インターネットだけでなく、スマホもいっそのことauにしちゃおう」という人を応援してくれるものです。

条件

特に難しい条件はありません。

・auひかり+ひかり電話の申し込み
・auスマートバリューまたは自宅セット割の申し込み

auひかりへの乗り換え時と一緒に、スマホも乗り換え、auユーザはauスマートバリュー、UQモバイルユーザーは自宅セット割を組むだけです。

1回線につき10,000円還元されるので回線数が多ければ多いほどお得になりますよ。

例えば、4人家族でauひかりの申し込みと同時に4人ともauまたはUQモバイル乗り換えて、auスマートバリューまたは自宅セット割を組めば最大40,000円還元してもらえます。

還元方法

還元方法は以下のどちらか選べます。

・還元方法:月額料金1,000円割引×最大10ヶ月またはau PAY 残高へキャッシュバック
「au PAY」とは…?

『そもそもau PAYって何?』という方のために簡単にご説明すると、au PAYとはスマホの画面に表示したバーコードやQRコードで支払いができるスマホ決済サービスです。

手数料や年会費などもなく、au PAYアプリをダウンロードすれば利用できます。

au PAY 残高へキャッシュバックの場合は、このau PAYに10,000円キャッシュバック(チャージ)され、ショッピングやお食事に利用できます。また、利用することでポイントも貯まるためおすすめです。特にau関係の支払いにはこれを使うとポイントがたまりますし、ポイントをauの支払いに使うこともできますよ。

auひかりってお得・良質なの?

さて、このauひかり乗りかえスタートサポートが使える「auひかり」ですが、本当にお得で、おすすめな光回線なのでしょうか?

いくら解約金が還元されるからと言って、auひかり自体があまり良くなければ、乗り換える気になれませんよね。特に、今の光回線の速度や月額に不満があって乗り換えるのであればなおさらです。

ここからはauひかりの内容について簡単に見ていきます。

auひかりの月額料金・工事費

まずは、auひかりの月額料金などを見ていきたいと思います。

戸建てタイプマンションタイプ
auひかり5,500円
(3年平均)
4,180円~5,500円
(設備による)
契約期間/解約金3年/16,500円2年/7,700円

auひかりの1Gbps(ギガ)の月額料金は、戸建てタイプは1年目5,610円、2年目5,500円、3年目以降は5,390円と、3年目までは110円ずつ安くなっていきます。マンションタイプは建物に導入されている設備によって料金が異なり、4,180円~5,500円です。

契約期間は、戸建てタイプが3年契約、マンションタイプは2年契約です。

マンションタイプには契約期間がないプランもありますが、auひかり乗りかえスタートサポートの条件が「24ヶ月継続利用」であるため、2年契約にした方が良いでしょう。戸建てタイプも3年契約とちょっと長い印象ですが、auひかり乗りかえスタートサポートの条件が36ヶ月利用なので、こちらも3年契約にして問題ないです。

戸建てタイプにも契約期間がないプランがありますが、月額料金は6,930円と高いため3年契約をするのがおすすめです。

さらに、auひかりの関東エリアの戸建てタイプであれば、5ギガ・10ギガの「高速サービス」を使うことができます。これにはオプション料金のような形で金額が上乗せされますが、割引もされます。

V(5ギガ)X(10ギガ)
月額料金(ずっとギガ得)5,610円
高速サービス利用料550円1,408円
超高速スタートプログラム(割引)-550円
合計5,610円6,468円

見ての通り、5ギガの場合は高速サービス利用料と割引が同じ金額なので、高速サービスを使っても1ギガ路同じ月額5,610円で利用できます。10ギガは多少金額が上がりますが、それでもこの料金で通常の10倍の速度になるのですからおすすめです。

工事費

さて、忘れてはいけないのが工事費です。

auひかりには工事費がかかりますが、これも一定の条件を満たせば無料にすることができます。

戸建てタイプマンションタイプ
工事費41,250円
(初回1,194.6円+1,178.1円×34回)
33,000円
(初回1,443.2円+1,434.4円×22回)
工事費割引ひかり電話契約で実質無料実質無料
撤去工事費31,680円

マンションタイプの場合は、ひかり電話を契約しなくても毎月の工事費分割費用が毎月割引されて実質無料になります。戸建てタイプの場合は「ひかり電話契約」という条件がついているので、オプション費用の550円/月がプラスになります。

しかし、この「ひかり電話契約」がauひかり乗りかえスタートサポートの条件でもあるので、auひかり乗りかえスタートサポートを適用する人はすでにクリアしている条件です。

auひかり乗りかえスタートサポートを適用してauひかりを始める人は、必然的に工事費が無料になると考えて大丈夫です。

「初期費用相当額割引」(工事費無料キャンペーン)についてはこちらの記事で解説しています。

通信速度

次に気になるのが「通信速度」です。auひかりの質がどれほどなのか確認していきたいと思います。

auひかりはフレッツ光とはそもそも別の独自回線です。そのため、速度や質に関してもフレッツ光とは違うやり方になっています。

戸建てタイプマンションタイプ
通常VX
上り・下り1ギガ5ギガ10ギガ100メガ~1ギガ

戸建てタイプの場合は1ギガが基本ですが、先ほどお伝えしたように関東エリアの戸建てタイプのみ5ギガ・10ギガを選ぶことができます。

もちろん、標準の1ギガであっても、かなり優秀な成績を収めていて、少なくともフレッツ光より良い成績を出しているので速度に関しては安心できます。

auスマートバリュー・自宅セット割で毎月のスマホ料金が割引

auひかりの目玉はなんといっても「auスマートバリュー」や「自宅セット割」です。

これは、auひかりとauまたはUQモバイルのスマホをセットで使うことで、毎月のスマホ料金を割引できるサービスです。auスマートバリューでは毎月550円~2,200円割引自宅セット割では毎月638円~858円割引される、かなりお得なキャンペーンです。

<auスマートバリュー>

・条件:auひかり+ひかり電話(550円/月)
・割引:auのスマホ・ケータイ・タブレットを毎月550円~2,200円割引
・割引数:1世帯最大10契約まで(離れて暮らす50歳以上の家族も可)

新規受付中のプラン

au対象データ定額サービス割引/月
・ピタットプラン 5G
・ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
~1GB割引対象外
1GB超~7GB永年550円割引
・使い放題MAX 5G ALL STAR パック
・使い放題MAX 5G テレビパック
・使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
・使い放題MAX 5G Netflixパック
・使い放題MAX 5G with Amazonプライム
・使い放題MAX 5G
・使い放題MAX 4G テレビパック
・使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
・使い放題MAX 4G Netflixパック
・使い放題MAX 4G
・タブレットプラン20
永年1,100円割引
・ピタットプラン 5G(s)
・ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GB永年550円割引
・カケホ(3Gケータイ・データ付)永年1,027円割引

新規受付終了プラン

au対象データ定額サービス割引/月
・新auピタットプラン~1GB割引対象外
1GB超~7GB永年550円割引
・データMAX 5G ALL STARパック
・データMAX 5G テレビパック
・データMAX 5G Netflixパック(P)
・データMAX 5G Netflixパック
・データMAX 5G with Amazonプライム
・データMAX 5G
・データMAX 4G LTE テレビパック
・データMAX 4G LTE Netflixパック
・データMAX 4G LTE
・auデータMAXプラン Netflixパック
・auデータMAXプランPro
・auフラットプラン25 NetflixパックN
・auフラットプラン20N
・auフラットプラン7プラスN
・auデータMAXプラン
・auフラットプラン30
・auフラットプラン25 Netflixパック
・auフラットプラン20
・auフラットプラン7プラス
・auフラットプラン5(学割専用)
永年1,100円割引
・auピタットプランN(s)
・auピタットプラン
・auピタットプラン(s)
~2GB
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
永年550円割引
2GB超~20GB永年1,100円割引
・データ定額1
・データ定額1cp
・データ定額1(ケータイ)
最大2年間1,027円割引
(2年経過後は永年550円割引)
・データ定額2/3
・データ定額3cp
・データ定額2/3(ケータイ)
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン
・LTEフラットcp
永年1,027円割引
・データ定額5/8/20
・データ定額5cp
・データ定額5/8(ケータイ)
・LTEフラット
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
・LTEフラット for DATA(m)
・LTEフラット for Tab/Tab(L)
・LTEフラット for Tab(i)
最大2年間1,551円割引
(2年経過後は永年1,027円割引)
・データ定額10/13/30
・データ定額10/13(ケータイ)
最大2年間2,200円割引
(2年経過後は永年1,027円割引)

<自宅セット割>

・条件:auひかり+ひかり電話(550円/月)
・割引:UQモバイルのスマホを毎月638円~858円割引
・割引数:1世帯最大10契約まで(離れて暮らす50歳以上の家族も可)
UQモバイル対象プラン割引/月
くりこしプラン+5G S638円割引
くりこしプラン+5G M638円割引
くりこしプラン+5G L858円割引

条件には、auひかりだけでなく「auひかり電話」も入っています。

しかし、こちらもauひかり乗りかえスタートサポートを適用する人はすでにクリアしているため、一石二鳥です。よって、auひかり乗りかえスタートサポートを適用している人は自動的にauスマートバリューや自宅セット割も適用できるようになっている、と考えることができます。

auスマートバリューや自宅セット割はスマホ・ケータイ・タブレットなどの「プラン」を対象に割引されます。残念ながら割引されないプランもあるので注意しましょう。

また、auひかりを契約している家族であれば、10契約まで適用可能なので、基本的には家族全員のauまたはUQモバイルユーザーに適用できると考えて大丈夫です。離れて暮らす50歳以上の家族も適用可能なので、おじいちゃん・おばあちゃんにも適用できますよ。

auひかりをNEXTから申し込むと、乗りかえスタートサポート+最大52,000円キャッシュバック

auひかり NEXT

さらに、代理店NEXTから申し込むことで、乗りかえスタートサポートにプラスしてNEXT限定のキャッシュバックを受け取ることもできます。

キャッシュバック金額ネット+ひかり電話:最大52,000円
「プロバイダSo-net」+「auスマートバリュー適用」の場合、
上記にプラスでキャッシュバック10,000円増額中
ネットのみ:最大45,000円
適用条件なし
手続き方法申し込み時に口座情報を伝えるだけ(SMS登録も可能)
受け取り方法最短で翌月に現金振込

最大のキャッシュバック金額は52,000円ですが、auひかりのみでも最大45,000円がもらえます。

auひかり+ひかり電話で申し込む場合、今なら「プロバイダをSo-net」にして「auスマートバリューを適用」することで、キャッシュバックが10,000円増額になりますよ。

auひかり電話の申し込みはあくまでも任意で、auひかりのみの申し込みでもキャッシュバックキャンペーンの対象なのが嬉しいポイントです。

キャッシュバックの手続きは、auひかりの申し込み時に口座情報を伝えるだけと簡単です。『電話で伝えるのは抵抗がある…』という方は、SMS(ショートメッセージ)での登録も可能です。

手続きが完了したら、あとは振り込まれるのを待つだけです(最短で翌月)。

代理店NEXTから申し込むことで、乗りかえスタートサポートにプラスして最大52,000円も受け取れたりと、ダブルでお得になりますよ。

他社からの乗り換えであれば、auひかりで実施している様々なキャンペーンを適用するのが断然お得です!

代理店NEXTのキャンペーンについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、是非参考にしてください。

auひかりの申し込みはこちら

まとめ

今回は、他社からauひかりへの乗り換え時に発生した解約金などを負担してくれる、「auひかり乗りかえスタートサポート」について紹介してきました。

光回線には契約期間と解約金の決まりがあります。しかし、どうしても解約金を支払わなければならない場合でもなんとか解約金を回避する方法はあります。

・どうしても解約金を払わなければならない…
 ⇒auひかり乗りかえスタートサポートで回避できる

auひかり乗りかえスタートサポートでは、他社で発生した解約金や工事費残債を最大30,000円まで還元してくれます。そのため、解約金がネックになって乗り換えを躊躇っている人にとっては何とも助かるキャンペーンです。

auひかり乗りかえスタートサポートには「ひかり電話契約」の条件がありますが、auひかりで実施中のいくつかのキャンペーンの条件にもなっているため、さらにお得になる可能性があります。

キャンペーン内容条件
(au公式)auスマートバリュースマホ・ケータイ割引ネット+ひかり電話
(UQモバイル公式)自宅セット割
(au公式)乗りかえスタートサポート乗り換え時の違約金や工事費残債を負担
(au公式)初期費用相当額割引工事費が実質無料
(代理店・プロバイダ)キャッシュバックキャッシュバック金額が7,000円増加

以上のように、auひかり乗りかえスタートサポートでクリアした条件の「ひかり電話」が他の様々なキャンペーンの条件にもなっているため、一石二鳥いや一石四鳥と言えるくらいお得になることが分かります。

auひかりのサービス内容やキャンペーンについて不明点や質問などがあれば、代理店NEXTに相談してみましょう。