ソフトバンクエアーとauスマートポートはどっちが良いのか!?

ソフトバンクエアーとauスマートポートはどっちが良いのか!?

ホームWi-Fiルーター・自宅用Wi-Fiルーターというものは意外と知られていませんが、いくつかメリットを持つインターネットを使う方法です。

工事が必要なく、機器をコンセントで挿すだけで自宅でWi-Fiが使えるようになる機械で、確かに工事が嫌な人にはおすすめできます!

今回は、そんなホームWi-Fiルーターの中でも最大手のauスマートポートとソフトバンクエアーの2つを比較していきます。

ただし、auひかりなどの光回線は工事が必要とは言え本場の光回線なので、ホームWi-Fiルーター以上の性能や実力を持っていてやっぱりおすすめです。

そのあたりも、今回解説していきましょう。

※表示価格は税込みです。

自宅用Wi-Fiルーターの特徴

それではまず、ソフトバンクエアー、auスマートポートに共通の特徴を見ていきます。

この2つは統一されてはいませんが、「自宅用Wi-Fiルーター」「ホームWi-Fiルーター」と呼ばれる部類に属します。

工事いらず

普通、インターネットを自宅で開通するためには、光回線であれADSLであれ何らかの工事を必要とする場合が多いですが、自宅用Wi-Fiルーターに工事が必要ありません

ソフトバンクエアーやauスマートポートは工事不要でコンセントに挿すだけ※画像はソフトバンク公式サイトより引用

こんな感じで自宅に届いた機械をコンセントに挿すだけで、もう使えるようになります。大体の要領はモバイルルーター、ポケットWiFiと一緒です。

持ち運びはできない

ポケットWiFiやUQWiMAXなどと異なるのは、コンセントにつなぐ点と「持ち運びができない点」です。

実際、物理的にはさほど大きくない機械なので持ち運びすることは難しくありません。キャンプ場とかに持って行って快適なWi-Fiを楽しむこともできそうです(キャンプ中は自然を楽しむべきかもしれませんが)。

しかし、自宅用Wi-Fiルーターは持ち運びを禁じています。(=契約住所以外の場所での利用を禁止)自宅以外のところで使っているということがわかると、警告されたり、利用を止められたりしてしまいます。

電話回線より速く光回線より遅い

自宅用Wi-Fiルーターは月額料金制で、モバイルルーターや光回線とその点は同様です。

しかし、速度には違いがあります。

インターネット速度通信制限
光回線1Gbps(1000Mbps)3日間連続30GBのアップロード
自宅用Wi-Fiルーター612Mbps~3日間合計10GB
ポケットWiFi150Mbps1ヶ月で〇GB~、3日間合計10GB
ケーブルテレビ320Mbpsあり
ADSL50Mbpsなし

※標準的な回線を選んでいます。

速度に関しては後でも触れますが、他のインターネット回線と比べると自宅用Wi-Fiルーターの位置がわかりやすいです。

ただし、一部のポケットWiFi等は最高速度が自宅用Wi-Fiルーターより速かったりします。とは言え、「実際に使う時の速度」と「最大速度」は大きく異なるので厳密には比較できません。

確かに従来のADSLやケーブルテレビに比べるとずいぶん速いのですが、光回線より速くなることはありません。

auスマートポートとソフトバンクエアーの性能比較

それでは、auスマートポートとソフトバンクエアーの性能・速度を比較していきましょう。

auスマートポートの性能

一番新しいauスマートポートの機器は、2019年1月に登場した「Speed Wi-Fi HOME L02」です。

auスマートポートSpeed Wi-Fi HOME L02※画像はKDDI公式サイトより引用

auスマートポートには大きく分けて3つの特長があります。

1.工事不要・コンセントにつなぐだけで使える
2.最大1Gbpsの速度・データ制限なし
3.最大40台まで接続可能・パスワードを入力しなくても簡単に接続できる

すでに述べた自宅用Wi-Fiルーターの特長を含みますが、auスマートポートはもちろん工事不要で、コンセントに繋げば即使えるようになります。

速度もなかなか速く、最大1Gbpsの速度と光回線並みの速度を誇っています。大体100Mbps出ていれば確実に高画質な動画をスムーズに再生できるので、大概のことは楽しめます。

また、一部のモバイルルーターのようにデータ量が「1ヶ月●GBまで」と決まっていないので、無制限に使える安心感があります。さらに、最大40台まで接続可能で、いちいちパスワードなどを入力しなくてもQRコードを認識するだけで簡単に接続することができます。

ソフトバンクエアーの性能

ソフトバンクエアーの機器は「Airターミナル」と呼びますが、Airターミナル5が最新で速く、現在ソフトバンクエアーを申し込んだ場合はこの「Airターミナル5」が届きます。

1.工事不要・コンセントにつなぐだけで使える
2.最大2.1Gbpsの速度・データ制限なし(5Gエリアの場合)
3.最大128台まで接続可能

こちらも大体auスマートポートに似ていますが、速度は5Gエリアだと最大2.1Mbpsで、4Gエリアでも最大838Mbpsです。

最大128台まで接続可能となっています。最大128台まで接続できるってすごいですね。

ソフトバンクエアーもまた、データ量制限なしの無制限モバイル回線なので、この部分の安心感はauスマートポートと同じです。

auスマートポートとソフトバンクエアーの月額料金・機種代比較

ここからは、自宅用Wi-Fiルーターの料金に関わるところで比較していきましょう。

auスマートポートの月額料金と機種代

auスマートポートの月額料金の体系は、ちょっとややこしいですが基本的には4つに区分されます。

・2年契約(普通の契約)
・auスマートバリューを組む・組まない

基本的に2年契約で申し込むのがおすすめです。また、auスマートバリューをつけたほうが安くなるのでこちらもおすすめできます。

auスマートバリュー組んだ場合auスマートバリュー組まない場合
2年契約あり4,721円5,826円
2年契約なし4,908円6,013円

auスマートポートの場合、基本的に機種代は入らず機器利用料金も含めてこの料金ということになります。auスマートバリューを組むことで、ハイスピードプラスエリアモードの月額料金1,105円が無料になります。

ソフトバンクエアーの月額料金と機種代

ソフトバンクエアーの場合、Ariターミナルをレンタルするか購入するかで金額が変わります。

Airターミナルには汎用性がないので、ソフトバンクエアーを使わない限り、持っていてもあまり意味はないのですが、実は購入してしまったほうが安いのです。

購入契約レンタル契約
基本料金5,368円
機種代割賦/レンタル料1,980円(36ヶ月)539円
月月割-1,980円(36ヶ月)
合計5,368円5,907円

月月割

この「月月割」は、ソフトバンクの端末購入代金に適用される割引を指します。

Airターミナルを購入し、月々1,980円で支払う契約をするとこの「月月割」という割引が適用され、毎月1,980円が割引されます。これによって機種代は実質0円になります。

ただし、36ヶ月経つ前に解約してしまうと、まだ支払い=割引されていない分の機種代残額が一括で請求されるので注意しましょう。

月々の料金比較

それでは月々の料金を比較しておきましょう。

auスマートポート
(2年契約あり)
ソフトバンクエアー
(購入契約)
月々の料金4,721円5,368円

結果は、「利用年数によって違う」ということになりました。

auスマートポートは2年契約を結ぶことで4,721円で利用できます。一方のソフトバンクエアーは5,000円を超えます。高いですよね…。

総合してどちらが安くなるかは、スマホや携帯電話の料金と合算しないことには厳密には言えませんが、こちらで比較する限りではauスマートポートの方が安い、ということになります。

ソフトバンクエアーなら高額キャッシュバックがもらえる!

ただ、ソフトバンクエアーには最大のメリットがあります!

ソフトバンクエアーの正規代理店「株式会社NEXT」では、キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

ソフトバンクエアー NEXT
キャッシュバック金額最大30,000円
オプション加入なし
手続き方法申し込み時に口座情報を伝えるだけ
受け取り方法最短2ヶ月後に現金振込

代理店NEXTから申し込むと、オプション加入もなく、手続き簡単で、キャッシュバックを受け取れますよ。

一方のauスマートポートは、キャッシュバックキャンペーンを実施していません…。

ソフトバンクエアーのお申し込みはこちら

auスマートポートよりauひかりがおすすめ?

auスマートポートとauひかりの比較

ここまでは、自宅用Wi-Fiルーターの比較をしてきました。

確かに、自宅用Wi-Fiルーターは工事がいらない、という点で工事が必要な光回線に比べ楽に使えます。しかし、それ以外の点も見てどちらがおすすめできるのかを調べてみましょう。

auひかり ホームauひかり マンションauスマートポート
速度1Gbps(1,000Mbps)100~1,000Mbps1Gbps(1,000Mbps)
工事費41,250円33,000円
工事費無料キャンペーン–41,250円–33,000円
月額料金5,500円
※3年平均
4,180円~5,500円
※設備による
4,721円

auひかりは、ホームタイプとマンションタイプで違うため表で比べてみましょう。

ホームタイプとauスマートポートでは、確かにauスマートポートのほうが安いです。しかし、通信の安定性を考えると、そこまでの割高感はありません。

また、マンションタイプとauスマートポートで比較すると、auスマートポートの方がおすすめできます。プランによっては、速度も速いですし、月額料金も安くなるケースがあります。

気になるのは工事費ですが、工事費は「初期費用相当額割引」というキャンペーンによって実質無料になります。条件にひかり電話(固定電話サービス)が入っていますが、ひかり電話を契約することでauスマートバリューも適用できるので一石二鳥ですよ。

建物の制約上、工事できない人などにはauスマートポートは確かにおすすめできますが、そうでない場合はauひかりの方が快適かつ安価なインターネットライフを楽しめます!

「初期費用相当額割引」(工事費無料キャンペーン)については、こちらの記事を参考にしてください。

auひかりの申し込みは高額キャッシュバックがもらえる代理店NEXTがおすすめ!

auひかりは高額のキャッシュバックがもらえる光回線で、代理店NEXTでもキャンペーンを実施中です!

auひかり NEXT
キャッシュバック金額ネット+ひかり電話:最大52,000円
「プロバイダSo-net」+「auスマートバリュー適用」の場合、
上記にプラスでキャッシュバック10,000円増額中
ネットのみ:最大45,000円
適用条件なし
手続き方法申し込み時に口座情報を伝えるだけ(SMS登録も可能)
受け取り方法最短で翌月に現金振込

代理店NEXTのキャンペーンは、オプション加入しなくてもキャンペーン対象でauひかりのみの申し込みでキャッシュバックがもらえます。

手続きも申し込み時に口座情報を伝えるだけで完了し、振り込み時期もauひかりが開通した最短翌月とスピーディーですよ。

代理店NEXTのキャンペーンについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、是非参考にしてください。

まとめ

自宅用Wi-Fiルーターであるauスマートポートとソフトバンクエアーのスペックは、互角のクオリティを誇ります。

速度などのスペック面を見るならソフトバンクエアーの方がやや優勢、月額料金は長く使うならauスマートポートの方が優勢でしたね。

しかしながら、auスマートポートにはキャッシュバックがもらえないという致命的な欠点があるのです…。

新規申し込みでもらえるキャッシュバック
auスマートポートなし
ソフトバンクエアー最大30,000円
auひかり最大52,000円

金額差が大きいので、この点はよく考えてからインターネットを契約したいところです。

ちなみに、auひかりには未提供エリアがあって開通できない都道府県がありますが、そんな地域に該当する場合でもauひかりをあきらめたりソフトバンクスマホに乗り換えたりする必要はありません!

キャッシュバックありの光回線の中でも、多くのところでauスマホとのセット割引を提供しているのでauユーザーの皆さんはぜひしっかりとチェックしてみましょう。

結論:ホーム用Wi-Fiルーターを契約するならソフトバンクエアーが断然おすすめです!

auスマホとのセット割引をしたい場合はauひかりや光コラボレーションを利用しましょう!