So-net光 VS auひかり!料金・特典・速度を徹底比較!

So-net光 VS auひかり!料金・特典・速度を徹底比較!

So-net光とauひかり、どちらも大手光回線で利用者も多いですが、一体どっちがお得なのでしょう?

So-net光とauひかりの2択で迷われている方、もしくはどちらかを選択肢として考えている方、乗り換えを考えている方!

この記事では、「速度」「料金」「キャンペーン」の観点から、auひかりとSo-net光を徹底解説していきます!

※表示価格は税込みです。

So-net光とauひかりを品質で比較

まずは、So-net光とauひかりの品質について比較していきましょう。

光コラボとauひかりの違い

So-net光は光コラボ

2つの違いをわかりやすくするために、一応「光コラボ」について解説しておきましょう。

NTT東日本よりフレッツ光などの提供を受けた事業者様が、自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせて、サービスをご提供するモデルを、「光コラボレーションモデル」といいます。

NTT東日本公式サイトより引用

光コラボは2015年から始まったサービスで、平たく言えば「フレッツ光と同じNTTの光回線を、別の会社が自社サービスをくっつけて代わりに売る」といったものです。

この「自社サービスをくっつけて」というところが大事で、So-net光の場合は、キャンペーンや「So-netのプロバイダ」もくっつけています。

・So-net光の光回線の部分は「フレッツ光と同じNTTの光回線」
・So-net光のプロバイダの部分は「So-net」

このように覚えておきましょう。

ちなみにソフトバンク光やドコモ光、ビッグローブ光なども光コラボです。これらはプロバイダは違えど、いずれも同じフレッツ光と同じNTTの光回線として使っています。

auひかりは光コラボではない

「○○光」は大抵光コラボですが、実は「auひかり」は光コラボではありません。NTTの光回線ではなく、auひかり独自の光回線を使った別ものです。

ソフトバンク光やドコモ光が光コラボなので、ついついauひかりも光コラボと勘違いしてしまう人も多いですが、実は別物です。

ただし、フレッツ光であれ、auひかりであれ、光ファイバーの技術を応用した光回線であることには変わりません。それであっても、別々の業者が提供しているサービスなので品質も異なってきます

フレッツ光系(光コラボ含む)以外だと、他には各地方限定で電力会社が主体となって提供している光回線があります。東京電力もどうやら光回線をつくろうとしたらしく、これにauも協力していたのですが、色々あってその光回線がauひかりになったようです。

とはいえ、現在では関西・中部地方の戸建てタイプを除いた、ほぼすべてのエリアにauひかりは展開しています。

auひかりはおそらく光コラボ区別するために「ひかり」と平仮名にしたようですが、コミュファ光やeo光のように光コラボでなくても漢字の○○光という名前の光回線はあります。

So-net光とauひかりを速度で比較

次に、速さの点で比べてみましょう。

速さに関して比べるには、光回線の速さについて比べたものを参考にするのですが、これには「The Netflix ISP Speed Index」が参考になります。

The Netflix ISP Speed Index

動画配信サービス「Netflix」を観ている人の回線速度を測ったもので、2021年7月が最新のデータを反映しています。

あくまでNetflixを利用している人に限られていますので、その辺はご理解ください。

Netflix ISP Speed Index(auひかりとSo-net光を比較)※The Netflix ISP Speed Index公式サイトより引用

結果にはSo-net光も出ているので比べやすいですが、So-netが扱っている回線すべてを含めているようなので、純粋に「So-net光」だけの結果ではなさそうですが、それでも、圧倒的にauひかりが速いことが分かります。

So-net光とauひかりを月額料金と工事費で比較

ここからは月々の料金の要である「月額料金」と「工事費」について解説していきます。

月額料金はauひかりの方が安い

So-net光auひかり
戸建タイプ月額料金6,138円1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
契約期間3年3年
マンションタイプ月額料金4,928円4,180円~5,500円
(設備による)
契約期間3年3年

So-net光は光コラボの中でも料金が高めの部類に入ります。

auひかりの戸建てタイプの場合、3年契約の「ずっとギガ得プラン」で申し込むと、3年目までは毎年110円ずつ月額料金が下がる仕組みになっています。

マンションタイプは、建物に導入されている設備によって異なるため、場合によってはSo-net光よりも安くなったり高くなったりします。

戸建てタイプで比較してみると、auひかりの料金を平均の5,500円として考えた場合、So-net光よりも600円以上も安いです。そのため、全体的に見ても月額料金はauひかりのほうが安いといって良いでしょう。

年間に換算した場合、約7,600円も違いがあるのは大きいですよね。

So-net光auひかり
戸建タイプ26,400円
(初回990円+726円×35回)
41,250円
(初回1,194.6円+1,178.1円×34回)
マンションタイプ33,000円
(初回1,443.2円+1,434.4円×22回)

工事費で比較してみると、戸建てタイプ・マンションタイプどちらも、明らかにSo-net光の方が安いです。

工事費といっても「初期費用」という名前なので、厳密に言えば工事費にかかる人件費や材料費だけではなさそうです。

『工事費ってこんなに高いの?』と思ってしまうと思いますが、So-net光とauひかりでは工事費無料キャンペーンが行われているため、あまり考える必要はないと思って良いでしょう。

ただ、auひかりの戸建てタイプで工事費無料キャンペーン(初期費用相当額割引)を適用する場合は、ひかり電話(固定電話サービス)の申し込みが必要になります。

ひかり電話は月額550円なので、これを適用した場合の戸建てタイプの料金は以下のとおりです。

So-net光auひかり
戸建タイプ6,138円5,500円(3年平均)
マンションタイプキャンペーンで実質無料月額550円のひかり電話加入で実質無料
合計6,160円6,050円

このように金額はほぼ横並びになってしまいます…。

工事費無料キャンペーン(初期費用相当額割引)についてはこちらをご覧ください。

So-net光とauひかりをキャンペーンで比較

ここまでは、auひかりとSo-net光の速度と月々の料金に関して比較してきました。

速度ではauひかりに軍配が上がり、料金では工事費無料キャンペーンを含めた場合はほぼ互角でした。

それでは最後にキャンペーンを見ておきましょう。キャンペーンは光回線を選ぶ上での決め手でもあるのでよく見ておく必要があります。

auスマートバリューや自宅セット割はどちらもあり

auひかりのキャンペーンの目玉と言えば「auスマートバリュー」や「自宅セット割」です。

しかし、これはSo-net光でも組めます。

<auスマートバリュー>

・条件:auひかり+ひかり電話(550円/月)
・割引:auのスマホ・ケータイ・タブレットを毎月550円~2,200円割引
・割引数:1世帯最大10契約まで(離れて暮らす50歳以上の家族も可)

新規受付中のプラン

au対象データ定額サービス割引/月
・ピタットプラン 5G
・ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
~1GB割引対象外
1GB超~7GB永年550円割引
・使い放題MAX 5G ALL STAR パック
・使い放題MAX 5G テレビパック
・使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
・使い放題MAX 5G Netflixパック
・使い放題MAX 5G with Amazonプライム
・使い放題MAX 5G
・使い放題MAX 4G テレビパック
・使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
・使い放題MAX 4G Netflixパック
・使い放題MAX 4G
・タブレットプラン20
永年1,100円割引
・ピタットプラン 5G(s)
・ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GB永年550円割引
・カケホ(3Gケータイ・データ付)永年1,027円割引

新規受付終了プラン

au対象データ定額サービス割引/月
・新auピタットプラン~1GB割引対象外
1GB超~7GB永年550円割引
・データMAX 5G ALL STARパック
・データMAX 5G テレビパック
・データMAX 5G Netflixパック(P)
・データMAX 5G Netflixパック
・データMAX 5G with Amazonプライム
・データMAX 5G
・データMAX 4G LTE テレビパック
・データMAX 4G LTE Netflixパック
・データMAX 4G LTE
・auデータMAXプラン Netflixパック
・auデータMAXプランPro
・auフラットプラン25 NetflixパックN
・auフラットプラン20N
・auフラットプラン7プラスN
・auデータMAXプラン
・auフラットプラン30
・auフラットプラン25 Netflixパック
・auフラットプラン20
・auフラットプラン7プラス
・auフラットプラン5(学割専用)
永年1,100円割引
・auピタットプランN(s)
・auピタットプラン
・auピタットプラン(s)
~2GB
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
永年550円割引
2GB超~20GB永年1,100円割引
・データ定額1
・データ定額1cp
・データ定額1(ケータイ)
最大2年間1,027円割引
(2年経過後は永年550円割引)
・データ定額2/3
・データ定額3cp
・データ定額2/3(ケータイ)
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン
・LTEフラットcp
永年1,027円割引
・データ定額5/8/20
・データ定額5cp
・データ定額5/8(ケータイ)
・LTEフラット
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
・LTEフラット for DATA(m)
・LTEフラット for Tab/Tab(L)
・LTEフラット for Tab(i)
最大2年間1,551円割引
(2年経過後は永年1,027円割引)
・データ定額10/13/30
・データ定額10/13(ケータイ)
最大2年間2,200円割引
(2年経過後は永年1,027円割引)

<自宅セット割>

・条件:auひかり+ひかり電話(550円/月)
・割引:UQモバイルのスマホを毎月638円~858円割引
・割引数:1世帯最大10契約まで(離れて暮らす50歳以上の家族も可)
UQモバイル対象プラン割引/月
くりこしプラン+5G S638円割引
くりこしプラン+5G M638円割引
くりこしプラン+5G L858円割引

割引金額に関しては、auスマートバリュー・自宅セット割ともプランによって異なります。

auスマートバリューはauが対象、自宅セット割はUQモバイルが対象ですが、So-net光でも固定電話を契約すれば毎月割引を受けられます。

キャッシュバック

キャンペーンの目玉の一つであるキャッシュバックはどうでしょうか。

So-net光でもキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、auひかりに関してはより高額キャッシュバックを受け取れます。

So-net光auひかり
キャッシュバックSo-net光 NEXTauひかり NEXT
20,000円キャッシュバック
or
乗り換え費用最大50,000円負担
auひかり+ひかり電話
最大52,000円
※プロバイダでSo-netを選択し、
auスマートバリューを適用した場合、
さらに10,000円増額
auひかりのみ
最大45,000円
申し込み方法ソネット de 受取サービス
or
登録解約違約金証明書貼付けシートを送付
申し込み時に口座情報を伝えるだけ
受け取り方法口座振込口座振込
受け取り時期最短で5ヶ月後最短で翌月

代理店の「株式会社NEXT」では、So-net光・auひかりどちらでもキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

So-net光は2つの特典から選択可能で、最大50,000円まで乗り換え費用を負担してくれる特典もあります。auひかりは一緒にひかり電話に加入することでキャッシュバックがより高額になります。

しかも、auひかり+ひかり電話で申し込む場合、今なら「プロバイダをSo-net」にして「auスマートバリューを適用」することで、キャッシュバックを10,000円増額してもらえますよ。

よって、キャッシュバック金額だけで比較した場合はauひかりのほうがお得です。

So-net光の申し込みはこちら

auひかりの申し込みはこちら

まとめ

今回は、So-net光とauひかりを、速度、月額料金、キャンペーンなど、様々な面から比較してきました。

最後に白黒はっきりさせておきましょう。

おすすめの光回線
速度auひかり
月額料金+工事費互角
auスマートバリュー/自宅セット割互角
キャッシュバックauひかり

互角の部分もありますが、全体的にauひかりの方がおすすめできる点が多いですね。

auスマートバリューや自宅セット割といったスマホとのセット割は、どちらでも組めます。

しかし、auひかりの場合は、工事費無料などのキャンペーンをうまく使うことでかなり安く抑えられますし、NEXT限定のキャッシュバックはSo-net光よりauひかりの方が高額です。

『So-net光とauひかりはどっちが良いんだろう?』とお悩みの方にとって、この記事が参考になったら嬉しいです。