au HOMEを徹底解説!auひかりとセットでおうちを安全に!

au HOMEを徹底解説!auひかりとセットでおうちを安全に!

皆さんは「au HOME」というサービスをご存じでしょうか?

au HOMEは家にいなくても、家の施錠状況を確認したり、お子さんやペットが安全に過ごしているかをカメラで確認できたりするシステムです。

今回はそんなau HOMEのサービスと、機能を万全にさせるために必要なauひかりについて紹介します。

【この記事で分かること】
▶au HOMEでできること
▶au HOMEの利用におすすめのインターネット環境

※表示価格は税込みです。

au HOMEとは?

auひかり「au HOME」※画像はauひかり公式サイトより引用

au HOMEというのは、「家にいなくても、スマホなどで家電を操作したり、お子さんやペットの状況を確認できるシステム」です。

とはいえ、家電の操作、家電の電気使用量確認、家の中をカメラで確認・電話、鍵の開閉確認など、色々と機能が違うものを総称して「au HOME」と呼ばれています。

詳しくは、後ほど機器のスペックをご紹介する時にわかると思います。

基本料金と料金体系

au HOMEは、「基本料金」+「機器代金」の2つで構成されていて、プランは3種類あります。

・あんしんウォッチャー向けプラン
・おすすめセットプラン
・基本プラン

<あんしんウォッチャー向けプラン>

au HOME「あんしんウォッチャーセットプラン」※画像はauひかり公式サイトより引用

「あんしんウォッチャー向けプラン」は、au HOMEとあんしんウォッチャーという機器の購入がセットになったプランです。

あんしんウォッチャー向けプランを新規契約した場合、au HOMEの基本料金(月額539円)が最大12ヶ月間無料になります。

あんしんウォッチャーの機器はauショップなどでも販売されていますが、既にお持ちの方は基本料金のみで利用できます。

<おすすめセットプラン>

カメラ・リモコンセット声で家電コントロールセットリモコンセット
セット内容au HOME カメラ・リモコンセットau HOME 家電コントロールセットau HOME リモコンセット
基本料金539円
機器代金539円330円
月額料金1,078円869円

「おすすめセットプラン」は、利用したい用途に応じた機器がセットになったプランです。

・カメラ・リモコンセット
外出先からお子さんやペットの様子確認や、遠隔で家電の操作が可能。
・声で家電コントロールセット
声で家電の操作が可能。
・リモコンセット
スマホで自宅の家電操作が可能。

機器代金はどのセットも24回の分割払いになっていますが、一括払いも可能です。

分割払いで24ヶ月未満に解約してしまった場合、カメラ・リモコンセットと声で家電コントロールセットは539円~12,397円、リモコンセットは330円~7,590円の解約金(未払い分の機器代金)がかかります。

<基本プラン>

au HOME「基本プラン」※画像はauひかり公式サイトより引用

「基本プラン」は、機器を自由自在に組み合わせて使うことができるプランです。

デバイス内容料金/1台
GPS機器家族やペットの居場所をスマホで確認できる。11,000円
ネットワークカメラ外出先から会話もできるネットワークカメラ。9,680円~
リモコン家電を遠隔操作したり、スマートスピーカー(別売)と連携することで声でも操作が可能。7,920円
センサードア・窓の開閉や人・ペットの動きなどの確認が可能。4,180円~
睡眠モニター睡眠状態(心拍数、呼吸数、身体の動き)をリアルタイムで計測。27,500円
スマートプラグスマホで電気使用量の確認や、ON/OFFが可能。3,190円
鍵関連デバイス
※受付終了
遠隔で玄関ドアの鍵の解錠・施錠が可能。32,780円
ボタン
※受付終了
ボタンを押すだけでスマホに通知できたり、家電操作も可能。3,850円
ライト
※受付終了
スマホでON/OFFや、調光・調色ができるLED電球。5,500円
火災報知器アダプタ
※受付終了
自宅の火災警報器に接続し、スマホへアラーム通知。5,280円
レピータ
※受付終了
Z-Wave方式の電波を増幅し届くエリアを広げる。3,850円
ゲートウェイ
※受付終了
Z-Wave通信方式のデバイスを利用するために必要なアダプタ。6,600円

GPS機器、ネットワークカメラ、センサーなど様々な種類があるため、小さいお子さんがいるご家庭や一人暮らしの方にはとても便利なため、外出時も安心できますね。

機器代金は3,000円台のものもあれば、中には30,000円以上するものもあります。

【ここが大事】au HOMEで使える各機器のスペック

ここからは、au HOMEには「どんな機器」があるのかについて見ていきます。

上記の表でご紹介した中から、利用者が多そうな4つの機器のスペックを解説していきます。

GPS機器

au HOME あんしんウォッチャー

こちらはGPS機器の「あんしんウォッチャー」です。

お子さんに持たせたり、ペットの首輪などに取り付けておくことで、スマホから居場所を確認できます。予めよく行く場所を設定しておくと、入った時・離れた時にスマホに通知が届きます。

GPS、携帯電話の基地局、街の中の無線LAN、と3つの情報で位置を測位しているため、よりも正確な位置がわかります。

ネットワークカメラ

au HOME ネットワークカメラ03

こちらは外出先から会話ができる「ネットワークカメラ 03」です。

スピーカーとマイクが内蔵されていて、設置場所の音声確認やスマホから設置場所への声掛けが可能です。そのため、外出先からご自宅にいるお子さんと会話ができます

周囲が暗くなると自動的に切り替わる暗視機能が搭載されているため、暗い場所の動きもしっかりキャッチできます。

なお、microSDやmicroSDHCに対応しているため、カメラ映像も録画可能です。

ネットワークカメラはこの03以外に、温度センサー付きで自動録画や追尾もできる04など合計3種類あります。

赤外線リモコン

au HOME 赤外線リモコン02

こちらの機器は「赤外線リモコン02」というもので、赤外線リモコンに対応したエアコン・テレビ・照明などを、スマホで遠隔操作ができます。

操作できる主な内容は以下のとおりです。

・エアコン:電源ON/OFF、暖房・冷房・除湿モード切替、温度設定
・テレビ:電源ON/OFF、チャンネル切り替え、音量調整
・照明:電源ON/OFF

また、Google Home、Google Nest Mini、Amazon Alexaに対応したスマートスピーカー(別売)と連携することで、声で操作することも可能になります。

開閉センサー

au HOME 開閉センサー03

こちらの細長いのは「開閉センサー03」という機器で、窓やドアに設置することで、開閉を感知しリアルタイムでスマホへ通知してくれます。

開閉だけでなく、温度・湿度・照度情報も取得してくれて、スマホで確認ができます。

窓やドアの閉め忘れを確認できるため、『ちゃんとドア閉めてきたかな?』と心配性の方には助かるアイテムですね。

開閉センサーはこの03だけでなく、人やペットの動きも感知できるタイプなど4種類がラインナップされています。

その他の機器を含め、詳しい内容についてはauひかり公式サイトをご確認ください。

au HOMEはGoogle Homeと連携して使うとより便利!

au HOME デバイス 使用例※画像はauひかり公式サイトより引用

個人的な意見としては、「赤外線リモコン」と別売の「スマートスピーカー」をセットで使うのがおすすめです。

Googleアシスタントに対応したGoogle HomeやGoogle Nest Mini、またはAmazon Alexaに対応したスピーカーに話しかけることで、エアコン、テレビ、照明などの操作が可能になります。

Google Homeの利用によって今の暮らしがどれほど便利になるのか気になる方は、こちらのCMを見てみてください。

『OK!Google 電気をつけて!』のCMでもおなじみですが、実はGoogle Homeだけ買ってもできません。au HOMEの「赤外線リモコン」というものをつけることで初めて、「スマホでの遠隔操作」が可能になります。

Google Homeはスマホと連動して、「スマホができることを音声で命令できるようにする」という機器と言っても良いと思います。

そうすることで、以下のような順に段階を追っていき、あのCMのようなことが可能になるのです。

・赤外線リモコン ⇒ スマホ遠隔操作 ⇒ Google Home音声操作

この対応製品の一つが、このau HOMEの「赤外線リモコン」なのです。まさに夢の製品です。このGoogle Homeの普及によって、IoTがより身近なものになってきましたね。

【注意】実はどれを使うにもWiFiが必要

au HOMEにはいくつかのデバイス機器があり、それぞれ機能が違います。

しかし、違うと言っても、どれも専用のスマホアプリで確認・操作ができるようになっています。つまり、「インターネットを経由してスマホと連動する」仕組みになっているのです。

そうすると、当然、自宅にWiFiが必要になってくるのですが、ホームタイプで自宅にWiFiを設置する場合、いくつか選択肢があります。

・ケーブルテレビ系インターネット
・インターネット光回線
・ポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)

いくつかのタイプがありますが、家に何人も人がいて、インターネットを使う可能性があるのに、データ制限があったり、速度が遅いポケットWiFiを選ぶのは合理的ではありません。

また、ケーブルテレビは300Mbps~とさほど速くなく、快適なインターネットライフを過ごせるとは言いきれません。

そうすると、やはり光回線を導入するのがおすすめで、中でもこのau HOMEと相性の良いauひかりがおすすめです!

というのも、スマホとのセット割がお得だからです!

au HOMEの利用にはWiFiが必要!WiFiならauひかりがおすすめ

auひかり NEXT※画像はauひかり公式サイトより引用

au HOMEを使うのであればWiFiが必要で、WiFiをホームタイプで使うのであればauひかりがおすすめです。

auひかりの月額料金とキャンペーン

auひかりの月額料金や初期費用は以下のようになっています。

 戸建てタイプマンションタイプ
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
3,740円~5,720円
(設備で異なる)
データ容量無制限
契約期間/解約金3年/16,500円2年/7,700円
工事費41,250円
▶キャンペーンで実質無料
33,000円
▶キャンペーンで実質無料
事務手数料3,300円
撤去工事費31,680円

初期費用相当額割引(工事費無料キャンペーン)

「初期費用相当額割引」(工事費無料キャンペーン)によって、ホームタイプは41,250円、マンションタイプは33,000円、の工事費が実質無料になります。

適用条件は、ホームタイプの場合はauひかり電話の契約が必要ですが、マンションタイプの場合はauひかりのみの契約で大丈夫です。

「初期費用相当額割引」(工事費無料キャンペーン)についてはこちらをご覧ください。

乗りかえスタートサポート

他のインターネット回線から乗り換える際に、他社で発生した解約金や工事費の残債を最大30,000円まで還元してくれます。

適用にはホームタイプ・マンションタイプどちらとも、auひかり電話が必須です。

また、インターネット回線だけでなく、同時にスマホも乗り換えauスマートバリューや自宅セット割を組むことで、スマホの解約金も1台につき最大1万円還元してくれます。

「乗りかえスタートサポート」についてはこちらをご覧ください。

auスマートバリューと自宅セット割

auやUQモバイルを家族で使っているのであれば、「auスマートバリュー」と「自宅セット割」は見逃せません。

こちらもauひかり電話に加入することで、毎月のスマホ料金が割引になります!

auスマートバリュー:毎月のauの料金が550円~2,200円割引
自宅セット割:毎月のUQモバイルの料金が638円~858円割引

割引回線数はどちらも最大10回線までで、50歳以上の離れて暮らす家族も割引対象です。

NEXTからの申し込みで最大52,000円キャッシュバック

auひかり NEXT※画像はNEXTのキャンペーンサイトより引用

auひかりの正規代理店「株式会社NEXT」では、キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

キャッシュバック金額auひかり+auひかり電話:最大52,000円
※「プロバイダSo-net」+「auスマートバリューまたは自宅セット割適用」の場合、
上記にプラスでキャッシュバック10,000円増額中
auひかりのみ:最大45,000円
適用条件なし
手続き方法申し込み時に口座情報を伝えるだけ(SMS登録も可能)
受け取り方法最短で翌月に現金振込

auひかりのみの申し込みでも最大45,000円のキャッシュバックがもらえ、一緒にauひかり電話を申し込むと最大52,000円に増額してもらえます。

なお、auひかり+ひかり電話で申し込む場合、今なら「プロバイダをSo-net」にして「auスマートバリューまたは自宅セット割を適用」することで、キャッシュバックがさらに10,000円増額になりますよ。

こんなにもらえたら、au HOMEのデバイス機器の料金は実質タダになりますね!

キャッシュバックの手続きは、auひかりの申し込み時に口座情報を伝えるだけで完了します。『電話で伝えるのは抵抗がある…』という方は、SMS(ショートメッセージ)でも登録できます。

手続きが完了したら、あとは振り込まれるのを待つだけでOKです(最短で翌月)。

代理店NEXTから申し込みをしても、auひかり公式で実施されている工事費無料や乗り換え費用負担などのキャンペーンや、スマホとのセット割「auスマートバリュー」「自宅セット割」も利用できます。

代理店NEXTのキャンペーンについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、是非参考にしてください。

auひかりをお得に申し込める代理店
「株式会社NEXT」のキャンペーンサイトはこちら

まとめ

今回は「au HOME」をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

au HOMEは「家にいなくても、スマホなどで家電を操作・確認できるサービス」で、ネットワークカメラで自宅の様子を動画と音声で確認したり、電話することも可能です。

また、赤外線リモコンについては、Google Homeと連携して、家の中でGoogle Homeに命令することで家電を操作することもできます。

そんなau HOMEですが、auひかりと一緒に使うメリットが大きく分けて2つあります。

・au HOMEの初期費用2,200円がタダになる
・auひかりならスマホ割+キャッシュバックなどの特典多数!

この記事を参考に、au HOMEでより快適なインターネット環境を整えてみてください。